交通事故での罰金20万円を支払うために現金が必要となり、地元に窓口があるソフト闇金でお金を借りました。
窓口返済・銀行振込から都合の良い方法を選んで、残高に応じた最低返済額を月1払いで返済するシステムでした。
給料日の翌々日を返済日に設定する人が多いと説明を受け、私は毎月27日を返済日に設定してもらいました。
窓口返済の場合は営業時間が平日日中に限られていたものの、振込手数料がゼロで、小銭が多くても快く受け取ってくれたのが好感でした。
返済金の領収書が、返済の都度発行されます。
ただ、別の支店で返済しようとしたところ、契約を結んだ支店でなければ返済を受け付けられないと言われた時には不便だと感じました。
その時は時間の都合で契約を結んだ支店に行けなかったので、銀行ATMから振込で返済しました。
銀行振込の場合は振込手数料が自己負担で、返済先の口座として指定された銀行以外から振り込むと手数料が高いのがデメリットでした。
返済先の口座と同じ銀行に自分の口座を開設し、その口座から振り込むと手数料が安く済むようになりました。
定額自動振込(送金)サービスを提供する銀行もあるので、窓口に行く時間がない人には利用価値があると思います。
振込明細が返済金の領収書代わりとなり、ソフト闇金の会社から別途郵送物がないのが安心です。

増額返済や最低返済額の分割入金も自由自在だったが、追加借入時は毎回審査があった

私が契約したソフト闇金では、借入残高に応じた最低返済額以上であれば好きな金額を月1払いすればよい仕組みでした。
返済日までに最低返済額に達していれば問題ないとのこと、2回に分けて月々の最低返済額を入金することもありました。
返済に遅れそうな場合も、事前に電話で相談しておけば2~3日待ってもらえるため、お金がピンチな時には助かりました。
無断で遅延すると自分の携帯電話に催促の電話が入りますが、電話に出ないと勤務先や自宅に個人名で電話が入るので要注意です。
大手ソフト闇金と異なりローンカードが発行されず、追加借入を希望する時は支店の担当者に事情を説明して審査を受ける仕組みでした。
返済がピンチになった時、追加借入で返済金を用意しようとしましたが、断られました。
本当に追加借入できるのかと疑問に思いましたが、2~3か月は利息だけの返済で大丈夫だと代案を提示してくれたのは良心的でした。
今思えば、業者なりに完済を目指すサポートをしてくれたのだと思っています。
2年半ほど返済を続け、副業で手に入ったお金で完済しました。