いくら親しくても周りの人たちから金を借して欲しいと頼むことは・・

身内や知人から金を借りることは、
精神的な面でもプレッシャーがたいへん大きくかかります。
また、
相手に良くないイメージを与えるかもしれません。
ですので、
もし生活をしている中で予想外の出費でお金が足りない場合は、
滞ることがないようにちゃんとした返済計画を立て返済することを前提として誰にも迷惑が掛からない消費者金融を活用することも一つの方法といえます。
消費者金融を使うと、
利息はかかりますが規則的に計算される利息さえ払っておけば誰かに頼むより後腐れすることなくお金を借りる事が可能です。
したがって、
どうしてもお金がいる時は、
消費者金融とかカードローンの使用を考えてみてはいかがですか。

私は自営業を営んでいます。前に、赤字が出てしまって・・

僕は自営業者ですが、
少し前、
赤字が出てしまい資金繰りに悩んだことがありました。
しかしながら、
身内に言うことはできませんでした。
なので、
キャッシングを使用。
私が融資を申し込んだ会社だと、
はじめての利用なら無利息、
ということだったため(もちろん期間は決まっています)、
完済できる日にちを考えてそのギリギリの時に金を借りました。
偽りなく無利息で借り入れることができ、
資金繰りの危機も乗り越えて経営状態も落ち着きました。
家族にはこのことを知られること無く済ませることができたので、
真に助かりました。
無いに越したことはありませんが、
もし同じようなことが起きればまた違った消費者金融の無利息を使用して、
と思っています。